花の装飾が心身に与える影響

花の装飾が施された空間は、無条件に人の心に華やぎと癒やしを与えてくれます。

花の装飾について知りたいならこちらのサイトは便利です。

何もない殺風景な部屋にたった一輪飾っただけでも、まるで一筋の光が差し込んだかのように部屋が明るくなります。

部屋に花を飾る理由は十人十色で「ただ飾るのが好きだから」「来客予定があるから」「習慣だから」「風水で、運気がアップすると聞いたから」などさまざまですが、友人の家に遊びに行った時やサロンやホテルでも、きれいに花が飾られていると、なんだかとても歓迎されているような気がして嬉しくなってしまいます。

特に商業空間に飾られているときは、それぞれの季節を表現することによって新鮮さや清潔感をアピールしつつ、お客様に歓迎と感謝の気持ちを込めて人々が和む空間を演出しているのです。



このように心がこもった装飾は人々の目を引き、心を和ませて、ぎこちない会話に話題のきっかけを与えてくれたりと、不思議とコミュニケーションを潤滑にしてくれる効果もあります。花の装飾はその色によってもいろいろな心理的効果を与えてくれることはもちろんですが、何よりも植物が持つ生命力そのものが人の心身に大きな影響を与えているのでしょう。


目に映るその姿に癒され、香りを嗅ぐと緊張がほぐれてリフレッシュできる。



咲き始めると数分ごとに表情を変えている。花のある空間は浄化されたようにとても居心地の良い空間となり、私たちが心身ともに健康でいるための手助けをしてくれているのです。